看護部

看護部理念

人間味豊かな看護へ

大泉病院の看護職員は、大泉病院の基本理念に基づき、専門知識と技術をもって、人間味豊かな看護を提供することを理念とします。

1.利用者の人権を尊重した看護を実践します。
2.利用者個々のニーズに適合した看護を実践します。
3.より質の高い看護をめざして、常に研修と継続的学習に努めます。

以上によって、利用者とその家族の方々から信頼されることを目標とします。

副院長・看護部長あいさつ

ご挨拶

 大泉病院は、昭和30年に創立された練馬の閑静な住宅街の中にある、病床数240床の精神科専門病院です。病棟は精神科救急病棟、亜急性期病棟、慢性期病棟があり、5つの病棟で構成され、365日24時間体制で診療の受け入れを行なっています。患者さんが入院から退院されて地域で自分らしく安心して生活するために、リラックス、リフレッシュ、リカバリーをキャッチフレーズにチーム医療の充実を図っております。患者さんとそのご家族を中心に主治医、看護師をはじめ精神保健福祉士、作業療法士、薬剤師、公認心理士らがお互いの専門性を高め連携協働し、チームアプローチを実践しています。
 私達精神科看護師は、病気をみる医療の視点と生きていく営みである生活の視点を併せ持つ専門職です。当院に訪れた患者さんとそのご家族がこれまでどの様に生きてこられたのか、さらにどうしたいと望んでおられるのか真摯に耳をかたむけ、患者一看護者関係を基盤に個別性を尊重し、その人らしい人生を自己決定できるよう支え、自律の回復に向けて支援することが精神科看護師の役割と考えます。

そのためには、最前線で働く看護師が質の高い看護を提供することが求められます。看護師は、専門知識と技術を高めるとともに、患者さんと誠実に向き合い尊重する、共感する、深く洞察する感性を磨き育てることこそが、看護理念である“人間味豊かな看護”を提供することに繋がっていきます。
 精神科看護は、看護師自身がケアの道具となります。感情を通して自分を知り相手を知ることがケアの前提です。自分についてアセスメントしながら看護という仕事を通して人間として大きく成長してみませんか。
 当院は家庭的で温かい手作りの感じがする病院です。令和の精神医療に求められる病院、選ばれる病院を目指して看護部一同張り切っています。精神科医療の推進に意欲のある方に、親切丁寧に指導と教育を行なっております。また子育て中の方にも働きやすく、介護中の方にもやさしく、プライベートも充実できる風通しの良い職場です。ぜひ一度、当院見学にいらして下さい。
森山 政子

ページトップ