看護部

看護部スタッフ紹介

心の扉を開く医療

私たちは患者様中心の患者様の立場に立った「人間味豊かな医療、看護サービス」を

理念に掲げ取り組んでおり、多くの専門職種でチーム医療を実践しています。

看護管理室

看護副部長 兼務師長 鈴木 浩史

看護副部長の鈴木と申します。現代のストレス社会においての精神科医療の役割は、以前にも増して大変重要なものとなってきております。さらに、医療安全対策・感染対策など行うべき業務も多岐に渡ります。そのような問題を一つ一つ解決し、患者さまに喜ばれる精神科医療の実現のために、チーム一丸となって看護に取り組むことこそが、とても大切であると考えます。精神科医療の向上のため、われわれ大泉病院のスタッフとして、ともに力を発揮していただけませんか?ぜひお待ちしております。

看護師長 城島 知美(写真右)
 精神科看護というと、どのようなイメージをお持ちですか。なんだか難しそう、特別なスキルが必要かしら、そんな風に思われる方もいらっしゃるかも知れません。私も二十数年前、右も左も分からぬまま入職した当時、同じように不安でいっぱいでした。けれど、ここ大泉病院では、新人研修や中途採用者研修をはじめ、様々なフォローアップ研修が行われており、職員全員が安心してより良い看護が提供できるよう丁寧な指導を行っております。また、ワーク・ライフ・バランスの実現がなされており、子育てと仕事の両立ができる環境にあるのも、大泉病院の特徴の一つです。私自身、現在4人の男の子を育てながら、忙しくも充実した毎日を送っております。一緒に、精神科看護に取り組みましょう。
看護師長 石野 昌枝(写真左)
 大泉病院には現在、100名を超える看護師が在籍しており、地域社会に根ざした精神科医療の実践に向け、精神科看護に真摯に取り組んでおります。「看護計画の立案が難しい」「ケアプランをどうすべきか」「患者さんの想いを汲み取ることが出来ているだろうか」。日々寄せられるスタッフからの相談は多岐に渡ります。精神科看護に大切なこととは、なんでしょうか。一人一人のスタッフの声に耳を傾けていると、共通して聞こえてくるのは“患者さんのために自分に何ができるのであろうか”という看護に対する真摯な姿勢です。役職や職種を超え、スタッフみんなで共に考え、より良い質の高い看護が提供出来るよう、取り組んでいます。

病棟看護師

急性期病棟主任 服部 久雄

 私が主任を務める南2病棟は、精神科の急性期医療を担うスーパー救急病棟(精神科救急入院料病棟)です。急性期の集中的な治療を必要とする精神疾患の患者さんを対象としており、一般病棟に比べ医師や看護師などを多く配置し、地域の精神科医療を支える上でも大変重要な病棟であると認識しています。精神症状の増悪によって入院となり、一番つらい思いをなさっているのは、患者さんとそのご家族です。私たちは、急性期病棟の看護師として入院生活を安全に過ごしていただくとともに、少しでも早く安心して地域で生活できるよう、スタッフ一丸となって看護に取り組んでいます。

亜急性期病棟主任 茂木 亮二
 亜急性期病棟には、急性期より脱し、回復期から慢性期にある患者さんが多く入院されています。症状がまだまだ安定せず、患者さんにとっても治療上においても大変重要な時期であり、他職種が密に連携しながらチーム医療を実践しています。退院を目指し地域で安心して生活していくため、様々な社会資源の導入や、ご自宅やご家族様についても支援を行いながら、目の前の患者さんと誠実にに向き合い「人間味豊かな看護」を目指しています。大変な毎日ですが、一番やりがいのある病棟であると自負しております。

亜急性病棟 鈴木 朱美
私はこの病院を選んでくれた新人さんに対し、安心して働ける環境作りを大切にし、常に声かけを行い不安を取り除けるよう努めています。また、新人さんの気持ちに寄り添って一緒に学んでいくという姿勢を心掛けています。自分自身も新人だった時は同じ気持ちや思いを抱いたこと、同じ経験をしていたこと、「自分も体験したんだ」ということを新人さんにもわかってもらえれば、安心して仕事に取り組めるのではないかと考えています。

急性期病棟 山本一作

 大泉病院に入職させて頂き、あっという間に中堅と呼ばれるまでに年数が経過いたしました。入職当時は病棟責任者をはじめ、プリセプター、多くの先輩方より親身にご指導頂きました。現在は、私が新しい仲間を指導する立場となり、入職当時に受けた先輩方の想いを胸に、さらに丁寧に熱意をもって指導業務にあたっております。また院内研修や外部の学会などもたくさんありますので、ご自身のスキルアップにもつなげることができます。精神科、ことに急性期病棟となると、新しく入職されるスタッフの方は難しいとお思いになるかもしれません。私たちが出来る限りサポートさせてていただきますので、ぜひ一緒に働きましょう。

慢性期病棟 南野裕子
 大泉病院に勤務し、病棟、外来、クリニックと勤務をさせて頂きました。それぞれの場での精神科看護の違いもあり、一つ一つが今の私の看護に役立てることが出来ています。良い看護、良い患者様との関りは、私生活が上手くいっていることが大切との理解ある病院です。大泉病院で素敵なスタッフに囲まれながら、楽しく、気持ちよく、仕事が出来ています。その気持ちが患者様にも伝わると思います。これからも、より良い看護を目指したいと思います。

慢性期開放病棟 古谷 藍
 
現在、開放病棟に勤務しております。新卒で総合病院に勤務しておりましたが、学生時代より精神看護に関心があり友人の紹介にて大泉病院に転職しました。一般科とは異なる時間の流れ方、手技、患者対応など様々なことで悩み・考える事も多くありました。けれど、大泉病院には精神科経験の長い先輩方が多くいる為、その都度フォローして頂いたり、様々な中途採用者研修に参加させていただいたりしながら、安心して看護に取り組むことが出来ております。最初は戸惑うこともあるかもしれませんが、温かい雰囲気の中で一緒に働いてみませんか?

ページトップ