入院部門

作業療法・SST

SST(生活技能訓練)は、毎日の生活の中で、自分の考えやしてほしいことを、相手にうまく伝えたり、相手の人の言うことにうまく応えることができるようになることを目指しています。
≪人とよりよくつき合う方法は皆で楽しみながら覚えていくことができる≫という考えに基づいています。
どうしたら人とつきあいがもっとうまくなれるか、どうしたら自分の希望をうまく人につたえられるか、メンバー同士で練習し、励ましあって上手になれるように工夫して、人ともっとうまくつきあえるようになるということが、SSTの目的です。
SSTをご利用希望の方は、主治医にご相談下さい。

作業療法(OT)について

OTとは・・・

OT=Occupational Therapy=作業療法
・OT(作業療法)はリハビリテーションの一環です。
・様々な作業・活動を通して、病状の改善や、生活の幅を広げるための支援をします。

OTの目的

  1. 病状の軽減、気分転換
  2. 体力の回復
  3. 生活リズムの安定
  4. 交流の機会
  5. 意欲や自信、集中力や持続力などの回復
  6. 病気の正しい知識や、ストレス対処方法などを学ぶ(心理教育)

OT活動の紹介

  1. OT活動は各病棟ごとに行われます。
  2. どの病棟の方でも参加できる“オープンプログラム”があります。
  3. 心理教育プログラムは、参加に主治医の許可が必要となる活動です。
  4. 通常の活動以外にも、外出やイベントなどの特別企画や、個別に自立や、退院に 向けたサポートなども行います。

(1)各病棟ごとに行われている活動

OTサロン 卓上ゲーム、ぬり絵、習字、音楽鑑賞など、興味に合わせて個々で行える活動です。
リラクゼーション 足浴やアロマオイルを使ったハンドマッサージなど、心身のリラックス、不安や緊張の軽減を図ります。
お楽しみ カラオケや音楽鑑賞、お菓子作り、季節行事など週替わりで行っています。
スポーツ 卓球やヨガ、ミニテニスなど、室内で簡単にできるスポーツを行っています。

(2)オープンプログラム(全病棟の方が対象)

園芸 植物の世話、収穫物を利用した調理、押し花やハーブティー作りなどを行っています。
絵画 水彩画・ぬり絵・ちぎり絵・絵手紙などを行っています。
手工芸 革細工でコースターやしおりを作成したり、編み物・刺し子・ビーズなどの手芸を行っています。
コーラス コーラスで皆で一緒に歌ったり、季節のイベントや院内行事での、発表などを行っています。
認トレ道 頭と体を使って、楽しみながら認知症の予防を行います。
暮らしの豆知識トリビータ 食事や睡眠、ゴミ出し、身だしなみ等、生活に役立つ豆知識を、クイズや実践を交えながら学ぶ場です。

(3)心理教育プログラム

あんしんクラブ・うつ心理教育・フォンターナCafe 心理教育プログラムです。病気の仕組みや薬、ストレス対処法や就労などについて、正しい知識を身につける場です。回復段階や目的にあわせて参加していただきます。
作業療法室
手工芸
園芸
活動場所

ページトップ